Windows 11 Pro 対 Windows 11 Pro N 対 Windows 11 Home: 違いの説明 (2024)

Microsoft は Windows 11 を正式にリリースし、世界中のさまざまなユーザー向けにさまざまなエディションを徐々に展開しています。Windows 11 ホームそしてWindows 11 プロは、米国市場向けに設計された 2 つの主要なエディションです。Windows 11 Pro Nは、ヨーロッパ市場向けに設計された Windows 11 Pro のバージョンです。Windows 11 Pro KN韓国市場向けに設計されています。

Windows 11 Pro 対 Windows 11 Pro N 対 Windows 11 Home: 違いの説明 (1)

Home は Windows 11 の標準バージョンです。Windows 11 Pro には、Home バージョンのすべての機能に加えて、中小企業向けに特別に設計された追加機能がいくつかあります。 Windows 11 Pro N は Windows 11 Pro と同じですが、メディア関連テクノロジ (Windows Media Player) と、次のような一部のプリインストールされたメディア アプリが含まれていない点が異なります。ボイスレコーダー

お探しの場合は、Windows 10 PC にアップグレードするまたは、新しい Windows ラップトップの購入を計画している場合、どの Windows 11 エディションを選択するかを決定するお手伝いをいたします。この記事が描くのは、徹底した比較Windows 11 Home、Windows 11 Pro、および Windows 11 Pro N の間。

Windows 11 Pro、Window 11 Pro N、および Windows 11 Home の機能比較を次に示します。

Windows 11 Pro 対 Windows 11 Pro N 対 Windows 11 Home: 違いの説明 (2)

上記の比較表から、次のことが結論付けられます。

  1. ただし、Windows 11 Home と Windows 11 Pro には多くの共通点があります。Pro エディションに限定されるエンタープライズおよびビジネス指向の機能はほとんどありません
  2. Windows 11 Pro N には、Windows 11 Pro エディションにあるすべての機能が含まれています。マルチメディア アプリの可用性を除くWindows Media Playerやボイスレコーダーなど。

Windows 11 Home、Windows 11 Pro、Windows 11 Pro N の類似点と相違点を詳しく見てみましょう。

Windows 11 Home、Windows 11 Pro、Windows 11 Pro N: 類似点

次のような Windows 11 のすべての標準機能は、Home、Pro、Pro N エディションで利用できます。

  1. スタートメニュー- 新しいスタートメニューよりアイコン中心で「クラウドベース」です。
  2. スナップレイアウト– さまざまなレイアウトにより、画面上でアプリケーション ウィンドウのサイズを自動的に変更および配置できます。
  3. 仮想デスクトップ– 実行中のアプリのカスタム配置を作成し、「」と呼ばれるさまざまなワークスペースでプログラムを開きます仮想デスクトップ「。」
  4. ウィジェット– Windows デスクトップ上のお気に入りのアプリから動的コンテンツを表示します。
  5. セキュアブート– マルウェアに対する保護層をブート ローダーに追加します。

上記の共通機能とは別に、以下のサポートも得られます。Windows セキュリティ、インターネット保護、ペアレンタルコントロール

Windows 11 Pro 対 Windows 11 Pro N 対 Windows 11 Home: 違いの説明 (3)

Windows 11 Home、Windows 11 Pro、Windows 11 Pro N: 制限のある類似点

Windows 11 Home と Windows 11 Pro には、Windows 11 Pro N エディションから除外されない共通機能のリストがあります。メディアテクノロジーの除外の影響を受ける.Windows 11 Pro N ユーザーは、メディア機能パックをインストールすることでこれらの機能を取り戻すことができます。ただし、Media Feature Pack をインストールした後でも、一部の機能が正しく動作しない場合があります。

  1. マイクロソフトストア– 復活したアプリ ストアは、アプリを検索、インストール、更新するための迅速かつ簡単な方法を備えています。 Pro N エディションでは、アプリ内のオーディオおよびビデオ コンテンツのプレビューが機能しません。また、App Store からダウンロードしたオーディオおよびビデオ コンテンツは、メディア テクノロジーの除外により再生できません。
  2. マイクロソフトエッジ– 最新の Edge ブラウザは高速で便利です。専用の効率モードがあり、没入型読書モード、 そしてマルウェアやフィッシングに対する組み込みの防御機能。 Windows 11 Pro NのEdgeブラウザ経由でアクセスすると、一部の動画ストリーミングサイトが正常に動作しない場合があります。
  3. Cortana パーソナル アシスタント– Cortana は Microsoft の AI を活用したものです仮想アシスタントBing 検索を使用して音声コマンドに応答します。 Cortana との音声対話は Windows 11 Pro N では機能しません。
  4. マイクロソフトチーム– 個人チャット、チームチャット、音声などのコラボレーションツールビデオ会議。 Microsoft Teams チャットでの音声通話とビデオ通話は、Windows 11 Pro N では機能しない可能性があります。
  5. Microsoft OneDrive と写真– 写真アプリを使用すると、PC 上で写真を表示、参照、整理できます。 OneDrive の特典無料のクラウドストレージ写真やビデオをバックアップします。これらのアプリは Windows 11 Pro N でビデオを再生できない場合があります。
  6. ワイヤレスディスプレイ– 写真やビデオをコンピューターから Xbox 本体にストリーミングします。この機能は Windows 11 Pro N では動作しない可能性があります。
  7. ゲーム- 使用自動HDRWindows 11 Home および Windows 11 Pro で壮大なゲーム体験を実現する機能。ただし、Game DVR は Windows 11 Pro N では動作しない可能性があります。
  8. タッチ、ペン、音声体験– Home および Pro ユーザーは、複数指のジェスチャ、デジタル ペンでの書き込み、または音声での入力を使用して、好みの方法で作業できます。 Pro N ユーザーは、音声入力機能が動作しないことに気づくかもしれません。
  9. ウィンドウズハロー– PIN、顔認識、または指紋によるデバイスへの即時アクセス。ウィンドウズハローPro Nでは動作しない可能性があります。

上記の機能とは別に、アラームとタイマーの音、アプリケーションの同期、音声ナビゲーション、Web カメラが Windows 11 Pro N では正しく動作しない可能性があります。また、Windows ポータブル デバイスではファイルの参照、画像の取得、メディアの同期はサポートされていません。

Windows 11 Pro 対 Windows 11 Pro N 対 Windows 11 Home: 違いの説明 (4)

Windows 11 Home、Windows 11 Pro、Windows 11 Pro N: 違い

Windows 11 Home、Windows 11 Pro、Windows 11 Pro N の違いを詳しく説明する前に、以下の点を簡単に見てみましょう。N バージョンの除外された機能Windows 11の場合:

  1. Windows Media Player アプリケーション
  2. Windows Media Player ランタイム
  3. Windowsメディアフォーマット
  4. Windows メディア DRM
  5. メディアの共有と再生先
  6. メディア財団
  7. Windows ポータブル デバイス (WPD) インフラストラクチャ
  8. AAC、FLAC、ALAC、MPEG、WMA、AMR、およびドルビーデジタルオーディオコーデック
  9. C-1、MPEG-4、および H.263、H.264、および H.265 コーデック
  10. Windows ボイスレコーダー

次に、これら 3 つのエディションの主な違いを簡単に見てみましょう。

  1. 設定– これらの Windows エディションで気付く大きな違いの 1 つは、セットアップ プロセスです。デフォルトでは、Windows 11 HomeMicrosoft アカウントがないとセットアップできませんそしてインターネット接続。ただし、非公式な方法がありますこの要件を回避する。 Pro および Pro N ユーザーは、ローカル アカウントを使用して Windows をセットアップできます。
  2. BitLocker デバイス暗号化– もう 1 つの違いは、BitLocker デバイス暗号化。 BitLocker はハード ドライブに保存されているデータを暗号化し、デバイスの紛失または盗難時にすべてをロックすることでシステムへの不正アクセスを防ぎます。 BitLocker は Windows 11 Pro および Pro N でのみ使用できます。
  3. グループポリシー –Windows 11 ホームに含まれていないもう 1 つの主な点は、グループポリシー。グループ ポリシー エディターを使用すると、Pro および Pro N エディションのユーザーは、次のような多くの設定を微調整できます。.exe ファイルの実行をブロックするそしてウィジェットを無効にする。注意することが重要ですが、Windows 11 Pro N のグループ ポリシーを使用して USB またはリムーバブル デバイスをブロックできない。グループ ポリシーはデフォルトでは Home エディションでは利用できませんが、アクセスすることはできます回避策を通じて
  4. Hyper-V– Windows 11 Pro および Pro N には、Microsoft のネイティブ Hyper-V テクノロジーが搭載されており、上級ユーザーは複数のオペレーティング システムを「PC 上の仮想ハードウェア上で実行される仮想マシン」として実行できます。ホーム ユーザーはデフォルトでこの機能を利用できませんが、Hyper-V にはアクセスできます非公式な方法で。
  5. Windows 情報保護 (WIP)– Windows 情報保護は、企業所有のデバイスや従業員が職場に持ち込むデバイスでの偶発的な漏洩からアプリとデータを保護します。この機能は、Windows 11 Pro および Windows 11 Pro N でのみ利用できます。

上記の顕著な機能とは別に、次のような他の機能もいくつかあります。Windows サンドボックス、動的プロビジョニング、キオスク モード、およびリモートデスクトップ接続Pro エディションでのみ利用可能です。

Windows 11 Pro は Windows 11 Home よりも優れていますか?

Home エディションには、Windows 11 の新しい標準機能がすべて搭載されています。対照的に、Pro エディションには、BitLocker デバイス暗号化、Windows 情報保護、グループ ポリシーなど、上級ユーザーや小規模企業にとって興味深い機能が含まれています。これらの機能が必要な場合は、Pro の方が優れたバージョンであることは間違いありませんが、そうでない場合は、Windows 11 Home を購入するか、Windows 11 Home にアップグレードするだけで十分です。

Windows N バージョンとは何ですか?

Windows 11/10 OS の「N」バージョンは、Windows Media Player および関連テクノロジが除外されていることを除き、他の Windows 11/10 エディションと同じ機能を提供します。これらの除外事項により、音声入力、音声ナレーション、音声およびビデオ会議などの Windows の標準機能は、N バージョンでは利用できないか、正しく動作しない可能性があります。メディア フィーチャー パックは、N バージョンのオプション機能としてダウンロードしてインストールできます。

読む:Windows 11 N および KN のメディア機能パックをインストールする方法

Based on the information provided in the article, I can provide you with information related to the concepts mentioned. Here's a breakdown of the concepts discussed in the article:

Windows 11 Editions:

  • Windows 11 Home: This is the standard variant of Windows 11 and comes with all the new standard features of Windows 11.
  • Windows 11 Pro: This edition includes all the features of Windows 11 Home, plus some additional features that are specially designed for small businesses.
  • Windows 11 Pro N: This version is designed for the European market and is the same as Windows 11 Pro, except that it excludes media-related technologies (such as Windows Media Player) and some pre-installed media apps like Voice Recorder.
  • Windows 11 Pro KN: This edition is designed for the Korean market.

Similarities between Windows 11 Home, Windows 11 Pro, and Windows 11 Pro N:

  • Start Menu: The new Start Menu is more icon-centric and 'cloud-based'.
  • Snap Layouts: Different layouts to automatically resize and arrange application windows on the screen.
  • Virtual Desktops: Create custom arrangements of running apps and open programs in different workspaces called 'virtual desktops'.
  • Widgets: View dynamic content from your favorite apps on your Windows desktop.
  • Secure Boot: Adds another layer of protection against malware to your boot loaders.
  • Windows Security, Internet Protection, and Parental Control: These features are available in all editions.

Similarities with Limitations in Windows 11 Pro N:

  • Microsoft Store: The preview of audio and video content in the app doesn't work, and audio and video content downloaded from the App Store cannot be played due to media technology exclusions.
  • Microsoft Edge: When accessed via the Edge browser in Windows 11 Pro N, some video streaming websites may not function properly.
  • Cortana Personal Assistant: Speech interaction with Cortana doesn't work in Windows 11 Pro N.
  • Microsoft Teams: Audio and video calling in Microsoft Teams chat may not work in Windows 11 Pro N.
  • Microsoft OneDrive and Photos: These apps may fail to playback videos in Windows 11 Pro N.
  • Wireless Display: The feature may not work in Windows 11 Pro N.
  • Gaming: Game DVR may not work in Windows 11 Pro N.
  • Touch, Pen, Voice experience: The voice typing feature may not work in Windows 11 Pro N.
  • Windows Hello: Windows Hello may not work in Windows 11 Pro N.
  • Other limitations include alarm and timer sounds, application sync, voice navigation, and webcam functionality.

Differences between Windows 11 Home, Windows 11 Pro, and Windows 11 Pro N:

  • Setup: By default, Windows 11 Home requires a Microsoft account and internet connection for setup. Pro and Pro N users can set up Windows using a local account.
  • BitLocker Device Encryption: BitLocker, which encrypts data stored on hard drives, is only available in Windows 11 Pro and Pro N.
  • Group Policy: Access to the Group Policy editor, which allows users to tweak various settings, is available in Windows 11 Pro and Pro N but not in Home. However, USB or removable device blocking using Group Policy is not available in Windows 11 Pro N.
  • Hyper-V: Windows 11 Pro and Pro N come with Microsoft's native Hyper-V technology, which allows advanced users to run multiple operating systems as virtual machines. This feature is not available in Windows 11 Home by default.
  • Windows Information Protection (WIP): WIP, which helps protect apps and data against accidental leaks, is available only in Windows 11 Pro and Pro N.
  • Other features like Windows Sandbox, Dynamic Provisioning, Kiosk Mode, and Remote Desktop Connection are only available in the Pro editions.

In summary, Windows 11 Home is the standard edition, while Windows 11 Pro offers additional features for small businesses. Windows 11 Pro N is similar to Windows 11 Pro but excludes media-related technologies. The N versions may have limitations in terms of multimedia functionality, but these features can be brought back by installing the Media Feature Pack. It's important to consider your specific needs and requirements when choosing between the different editions of Windows 11.

Windows 11 Pro 対 Windows 11 Pro N 対 Windows 11 Home: 違いの説明 (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Dan Stracke

Last Updated:

Views: 6111

Rating: 4.2 / 5 (43 voted)

Reviews: 90% of readers found this page helpful

Author information

Name: Dan Stracke

Birthday: 1992-08-25

Address: 2253 Brown Springs, East Alla, OH 38634-0309

Phone: +398735162064

Job: Investor Government Associate

Hobby: Shopping, LARPing, Scrapbooking, Surfing, Slacklining, Dance, Glassblowing

Introduction: My name is Dan Stracke, I am a homely, gleaming, glamorous, inquisitive, homely, gorgeous, light person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.