Windows Home、Pro、Enterprise、VL、N、KN エディションの違い (2024)

ウィンドウズ10そしてWindows 11Home、Pro、Enterprise、Education など、さまざまなエディションがあります。どのエディションまたはバージョンがニーズに合っているかを確認するのが非常に混乱することがあります。

そのため、Windows Home、Pro、Enterprise エディションの違いのリストを作成しました。

これらすべての Windows エディションの違いを理解できるように、各エディションについて 1 つずつ説明していきます。

目次

各エディションの詳細を掘り下げる前に、各エディションの相違点と類似点を強調した簡単な概要を以下に示します。

プロ企業教育
N/KN版はいはいはいはい
サポートされる最大RAM4GB (32ビット) 128GB (64ビット)4GB(32ビット) 512GB(64ビット)4GB (32ビット) 512GB (64ビット)4GB(32ビット) 512GB(64ビット)
連続体はいはいはいはい
コルタナはいはいはいはい
マイクロソフトエッジはいはいLTSBを除くはい
モバイルデバイス管理 (MDM)はいはいはいはい
ウィンドウズハローはいはいはいはい
ビットロッカーいいえはいはいはい
ビジネスストレージいいえはいはいはい
現在のビジネス支店 (CBB)いいえはいはいはい
Active Directory メンバーいいえはいはいはい
エンタープライズデータ保護いいえはいはいはい
エンタープライズ モード Internet Explorer (EMIE)いいえはいはいはい
Hyper-Vいいえ64ビットのみ64ビットのみ64ビットのみ
Azure AD メンバーいいえはいはいはい
リモートデスクトップ接続クライアントのみクライアントとホストクライアントとホストクライアントとホスト
ビジネス向け Windows Updateいいえはいはいはい
アプリロッカーいいえいいえはいはい
クレデンシャル ガードいいえいいえはいはい
デバイスガードいいえいいえはいはい
直接アクセスいいえいいえはいはい
Windows to Goいいえいいえはいはい
長期サービスブランチ (LTSB)いいえいいえはいいいえ

Windows ホームエディション

Windows Home は、ほとんどの場合、相手先ブランド供給 (OEM) から購入したラップトップにプレインストールされています。 Cortana、Microsoft Edge、Continuum、ユニバーサル アプリなど、Windows に含まれる主要な機能がすべて含まれており、これらは主に消費者向けです。

欠けているものは主にネットワークに関連しています。ホーム エディションは Microsoft ドメイン ネットワークに参加できず、グループ ポリシー エディターも含まれていません。ただし、次のことができます。グループ ポリシー エディターを Windows 10 Home に個別にインストールするまたはWindows 11 ホーム

自宅のコンピューターで Windows 10/11 を使用する場合は、Home エディションが適しています。 Windows 10 Home に含まれていないその他の機能は次のとおりです。ビットロッカー、エンタープライズ モード IE、リモート デスクトップ、およびクライアント Hyper-V。

Windows プロ版

Windows Professional エディションは、通常 Windows Server ドメインへの参加が必要な Office 環境で主に使用されます。 Windows Pro には、Windows Home のすべての機能が付属しており、グループ ポリシー管理、Bitlocker 暗号化、リモート デスクトップ、Hyper-V、Active Directory に参加する Azure 機能、エンタープライズ データ保護、ビジネス向け Windows Update などの機能がすべて含まれています。 。

Windows エンタープライズ版

Windows Enterprise エディションには、Windows Professional のすべての機能に加えて、ダイレクト アクセス、Windows To Go クリエーター、AppLocker、BranchCache、グループ ポリシーによるスタート画面制御、資格情報ガード、デバイス ガードなどの追加機能が含まれています。

Enterprise エディションは、複数のデバイスをアクティブ化する必要があるボリューム ライセンス チャネルを通じてのみ購入できます。

Enterprise エディションは、Long Term Servicing Channel (LTSC) としても利用できます。これは、通常のエディションよりも長期間最新の状態に保たれ、2 ~ 3 年ごとに新しいエディションが提供されます。

その他の Windows 10 エディション

Windows 教育版

Windows Education エディションは特に教育機関に提供されており、Windows Enterprise のすべての機能が備えられていると伝えられています。ただし、それ以降、いくつかの機能が削除されました。 Windows Education エディションには機能の制限や制限はありません。 Windows Enterprise エディションと同様のものと考えることができます。

Education エディションは、ボリューム ライセンス チャネルを通じて購入することもできます。ただし、このエディションは、Microsoft が教育分野向けに設計したデバイスに OEM オペレーティング システムとして含まれることがよくあります。

Windows モバイル版

Windows Mobile はスマートフォンおよびタブレット向けに設計されており、Continuum 機能を含む基本的な消費者向け機能が含まれています。

VLって何の略ですか?

Windows Enterprise VL エディションが表示されます。 VL は「ボリューム ライセンス」の略です。これは、1 つのライセンス キーを使用して Windows の複数のインストールをアクティブ化できることを意味します。これは通常、大企業で使用されます。

N版

Windows N エディションは、ヨーロッパの法律と基準に準拠するために、ヨーロッパとスイス向けに特別に設計されています。 N はメディアプレーヤーを使用しない場合また、Windows Media Player はプリインストールされていません。

Windows のエディションは「N」個あります。たとえば、「Windows 11 Home」の場合は、他のエディションと同様に「Windows 11 Home N」があります。

標準の Windows エディションとは対照的に、次のアプリケーションも N エディションから削除されました。

  • メディアプレーヤー
  • スカイプ
  • グルーヴミュージック
  • 映画とテレビのアプリ
  • ボイスレコーダーアプリ

これらのアプリにはオーディオとビデオが付属しているものもありますコーデック。このアプリは N エディションから削除されたため、多くの基盤となるツールやアプリも影響を受け、動作しなくなります。これらのアプリケーションには、Cortana、Windows Hello、Microsoft Edge での PDF 表示、Microsoft Office、一部の Windows ストア アプリケーションが含まれます。

さらに、Windows N エディションの次の機能も動作しません。

  1. アラーム音は鳴りません。
  2. ワイヤレスディスプレイは動作しません。
  3. ウェブカメラが動作しません。
  4. ゲーム DVR など、Xbox アプリに関連する一部の機能は動作しません。
  5. App Syncは機能しません。
  6. OneDrive およびフォト アプリではビデオが再生されません。
  7. 画像転送プロトコル (PTP) を使用する Windows 10 カメラ デバイスは動作しません。

KN版

KN は韓国市場向けに特別に設計されており、Windows Media Player (WMP) および Windows Messenger は含まれていません。

Media Player が削除されたため、必要なコーデックも削除されています。したがって、上記のアプリケーション、機能、ツールのほとんどは、KN エディションでも正しく動作しません。

Windows の N または KN エディションを購入した場合でも、オペレーティング システムに通常の Windows エディションとしてすべてのアプリと機能を持たせるために必要なアップデートが含まれる Microsoft のメディア フィーチャー パックの恩恵を受けることができます。メディア機能パックをインストールするには、以下の関連リンクをクリックしてください。

Windows 10 用メディア機能パック

Windows 11 用メディア機能パック

最終的な考え

これがすべての Windows エディションの簡単な比較になれば幸いです。 Wikipedia には非常に優れた比較表が用意されており、詳細な比較については、次のリンクを参照してください。Microsoft Windows 10の比較ページ

As an expert and enthusiast, I have a vast amount of knowledge about various topics, including Windows editions. I can provide you with information about the different editions of Windows, such as Home, Pro, and Enterprise. Let's dive into the details!

Windows Home Edition:

Windows Home is typically pre-installed on laptops purchased from Original Equipment Manufacturers (OEMs). It includes major features like Cortana, Microsoft Edge, Continuum, and universal apps, which are primarily aimed at consumers. However, there are some limitations in the Home edition. It cannot be joined to a Microsoft domain network, and it does not include a Group Policy Editor. Nevertheless, you can install the Group Policy Editor separately in Windows 10 Home or Windows 11 Home. Other features not included in Windows 10 Home are BitLocker, Enterprise Mode IE, Remote Desktop, and Client Hyper-V.

Windows Pro Edition:

Windows Pro is commonly used in office environments where joining a Windows Server domain is often required. It includes all the features of Windows Home and additional features like Group Policy Management, BitLocker Encryption, Remote Desktop, Hyper-V, the ability to join Active Directory, enterprise data protection, and Windows Update for Business.

Windows Enterprise Edition:

Windows Enterprise includes all the features of Windows Pro, along with additional features such as Direct Access, Windows To Go Creator, AppLocker, BranchCache, Start Screen control with Group Policy, credential guard, device guard, and more. Enterprise editions are only available for purchase through Volume Licensing channels, typically for organizations that need to activate multiple devices. Enterprise editions are also available as Long Term Servicing Channel (LTSC) versions, which receive updates for longer periods compared to regular editions.

Other Windows 10 Editions:

  • Windows Education Edition: Windows Education is specifically designed for educational institutions and initially had all the features of Windows Enterprise. However, some features have been removed since then. There are no feature limitations or restrictions in the Windows Education edition, and it is often included as the OEM operating system in devices designed for the education sector.

  • Windows Mobile Edition: Windows Mobile was designed for smartphones and tablets, and it includes basic consumer features, including the Continuum capability.

What does VL stand for?

In the context of Windows editions, VL stands for "Volume License." Windows Enterprise VL editions are licensed for volume activation, meaning a single license key can be used to activate multiple installations of Windows. This licensing option is typically used by large enterprises.

N Edition:

Windows N editions are specifically designed for Europe and Switzerland to comply with European laws and standards. The "N" stands for "Not with Media Player," indicating that these editions do not come with Windows Media Player pre-installed. Some applications and features, such as Cortana, Windows Hello, PDF viewing on Microsoft Edge, and certain Windows Store applications, may also be affected in N editions.

KN Edition:

Windows KN is specially designed for the Korean market and does not include Windows Media Player (WMP) and Windows Messenger. Similar to N editions, the necessary codecs for media-related applications and features may also be affected in KN editions.

I hope this information helps you understand the differences between the various editions of Windows. If you have any further questions, feel free to ask!

Windows Home、Pro、Enterprise、VL、N、KN エディションの違い (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Tuan Roob DDS

Last Updated:

Views: 6109

Rating: 4.1 / 5 (42 voted)

Reviews: 89% of readers found this page helpful

Author information

Name: Tuan Roob DDS

Birthday: 1999-11-20

Address: Suite 592 642 Pfannerstill Island, South Keila, LA 74970-3076

Phone: +9617721773649

Job: Marketing Producer

Hobby: Skydiving, Flag Football, Knitting, Running, Lego building, Hunting, Juggling

Introduction: My name is Tuan Roob DDS, I am a friendly, good, energetic, faithful, fantastic, gentle, enchanting person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.